メキシコいや海外生活で陥りがちな勘違い

ジョージクルーニー夫から「君は日本人としては標準体型だね」と一言。唐突!

f:id:nico__vida:20210305083220j:plain

メキシコにいるとありとあらゆるメキシコ人に「痩せている」と言われ、2年も日本に帰国していないと余計にその感覚が鈍るもの。ここ2年間は週5日ジムに行って、月1で計測もしていて体脂肪率もそこそこの数字だったので、理想の体型に近づいていると思っていた私😳

メキシコは世界有数の肥満大国

日本ではなかなか見ないサイズの肥満者も多い反面運動好きも沢山います。これは世界共通認識だと思いますが「いい仕事をして身体を鍛える」というのがイケてる人の条件。ジムで身体を鍛えることは1つのステータスなのです。メキシコは人様にセクシーだと思われたい欲求が強く、男はマッチョに女性はボンキュッボンを目指してワークアウトに励んでいます。

日本女性の普通は痩せ体型

日本ではモデル事務所の裏方で働いており、国第一線の美しさとは違いがあり過ぎて美の追求へのやる気が出ず。でも薄々気付いていました、オシャレを楽しみたければ沢山の洋服にお金を費やすのではなく理想の身体を手に入れればいいということに。

日本女性のダイエットアカウントを見ていると思います。ここまで痩せてゴールか。数字では普通体型でも、ダイエッターには満足でなく“痩せ型“の数字になってこそ、ダイエットの成功。それが普通ということ。日本人のこの美意識はどの時代にも存在し、みんな痩せていますよね。

私の理想も日本の痩せ型ではあるものの、メキシコ人に言われる「痩せているね」の言葉に踊らされついつい忘れがちです。

メキシコにはポカホンタス女子がいない?

ポカホンタス女子とは、完全海外かぶれの日本女性。彼女たちが体現する海外受けするアジアセクシーという概念がポカホンタスの見た目に似ていることから命名されています。私は7年間の中でどっぷり日本人社会に浸かっていた時期もありますが、ポカホンタス女子には出会ったことがありません。男性にも。セクシーを全面に出したいタイプの日本人はメキシコにやって来ないのでしょう。どちらかと言うと意志が強いThe日本人という方が多い印象です。

海外で「君は痩せている」と言われたことがあるのは一度や二度ではないはずです。人と比較する必要はないのですが、甘い言葉に唆されて実は体重増加している人もいるかもしれません。

勘違いを取り除き、自分が思う理想の体型を目指して、毎日のワークアウトいやダイエットに励んでいくことをここに宣言致します。いつか日本移住する時に、自分の体型を恥じないように。