Milと0

ダンディな人を求めて30歳で日本を旅立ち、ジョージクルーニー夫と出会いメキシコに落ち着く。メキシコ生活8年目。

メキシコシティオススメの日本食レストランは?

この質問、メキシコ人生で一番聞かれる質問です。進化し続けているメキシコシティ日本食市場でみなさんはどのようにお答えされますか。これだけ沢山あるので答えは何十店も出てくるかもしれません、それぞれにお気に入りがあるはずです。インスタの"5 Mejores Restaurantes 〇〇 en CDMX ・メキシコシティの〇〇レストランベスト5"、ほぼほぼ同じお店が紹介されていて穿ってしまう今は、原点回帰口コミを信じています。

メキシコ人や料理しない派にはやっぱりMOF

MOFはメニューが広いので、日本食をそこまで知らない場合は悩むかと思います。でもご安心を、写真入りのメニューなので気になるメニューをチョイスしやすいのがいいところ。お値段も妥当の価格設定でおススメしやすいです。日本食だけでなく日本でよく食べていたアジア料理がメニューに盛り沢山なのも惹かれる理由。家庭料理が恋しい日本人の方にもオススメ。

nicovida.hatenablog.com

家庭料理を超えた料理を食べたくなったら…浅井懐石と灘

浅井には以前は年に数回通っていたのですが、お店拡大後一度赴いてから行っておりません。お店拡大によるズレは仕方がないことでよくあることだと思います。懐石料理は一品一品の量が少ないので、塩の分量ひとつ違えば仕上がりが整わないなぁと思わされました。以前は当たりハズレがなかったのですが、運を背負って行かなくてはなりません…私は松茸御前の時期にまた足を運ぶ予定です。
MOFの最上階にある灘も季節の小料理が食べられます。大将もお茶目で楽しく食事ができるレストランです。ただ値段の割に量が少ないのでお会計の時に毎回びっくりしてしまいます。

nicovida.hatenablog.com

定食はWANWAN SAKABA

先日店主が変わって以来の来店。このコロナ明けのインフレにも関わらずあまり値上がりをしていない姿勢にテンションが上がってしまいました。ごはんは圧力鍋で炊いたメキシコ米なのがちょっと残念ではありますが、それ以外はお値段以上。(今は日本食レストランは日本精米を提供しているレストランが増えました!)200ペソ以下で美味しいおかずに副菜にお茶まで付いておなかいっぱいになれます。私は揚げ物を調理するのが苦手なのでここの揚げ物に大満足。定食の種類も沢山あって、どれを食べても美味しい。近所にあったら毎週通ってしまいそうなので、程よく遠くて良かったかもしれません。

nicovida.hatenablog.com

日本の鮨を知っている人には…

もう分かりません。鮨の金額が高過ぎてここ何年も日本の鮨をメキシコでは食べていません。メキシコ人の鮨大将も沢山います。私がメキシコで一番美味しかった一貫は2024年3月にBaja Carfornia州にあるレストランAnimalónで更新しました。日本食ではなくメキシカンモダンレストランでのコースの一品でしたから、もはやどこで確実に美味しい鮨が食べられるのか分かりません。

ラーメンはJametaro

辺鄙なところにあるので、ラーメンへの熱意が高い人にオススメします。金額と味が見合うラーメン屋がなかなか思い付かず…ラーメンでなく全てのレストランに言えることなのですが。それなりに美味しいラーメンもあるかもしれませんが、自宅で作る半生麺ラーメンで満足している自分がいます。

TOYOチョイス、ツボです。

nicovida.hatenablog.com

総評

ありとあらゆる人にオススメしやすいのが、MOF。詳しくどの料理でオススメのレストランを聞かれたら、もう少し上手にお答えできそうです!どうぞよろしくお願い致します。
先日Xで『NY駐在員のランチは毎日奥様が握ったおにぎり』という投稿を見ました。素敵じゃない!と思ったのですが、どうやら投稿者の意図は"円安を嘆きながら、NY駐在というピラミッド上位の職業ですらそんな生活"だったらしい。和食育ちなら海外外食は胃に強めジャブを与えてきますし、そもそも軽めに食べたいランチがないのが現状。私は自分で作ったお弁当に自分自身を労わる愛を感じながら味わっています。自炊って自分が好きなものを自分が好きな味に出来て最高のライフハック。ジョージクルーニー夫の方が料理の腕前は断然上なのですが、お弁当係は死守していきたい次第。それでもやっぱり自分ではない誰かの味付けを欲する時、日本食レストランの皆様に本当に本当にお世話になっております。

nicovida.hatenablog.com

 

※過去記事を貼り付けていますが、視点が変わって違う意見を書いている可能性もあります。ご了承ください。メキシコの外食はコロナ前は1ペソ=5.5円程度でデザインされていて、円換算するとちょっと海外での日本食の価値が上乗せされている程度の価格帯。今はコロナ明けに円安の影響で円で考えたら日本の2.5倍程のメキシコ外食価格。

NY週末弾丸ひとり旅記録 〜メキシコシティ↔︎NY〜

昨年友人が好きなアーティストの全国ツアー全制覇を成し遂げました。仕事後に地方まで何十キロを軽でぶっ飛ばしたり、戻り次第寝ないまま仕事に向かったり。ツアー遠征と仕事をするパズルを組み立てるような日々に感心しゴールが近付く様子は青春そのもの。胸を熱くさせられたものです。体力も財力もそして何よりアーティストを応援し続ける気力。この3つを得てして成せる偉業。私も感化され、行って来ましたNY。

私は日本人タップダンサー熊谷和徳さんの20年来のファンです。と言っても彼の誕生日も覚えていないし、インタビュー記事などを読まないので彼自身のファンというより彼が奏でる音が纏う空気感が好きです。単純にただ彼の音を感じたい。北島マヤが泥団子を食べて女優魂が湧き上がり再び目覚めたように(漫画『ガラスの仮面』より)、彼の音に心奪われたあの夜から今の私が形成され始めたと言って過言ではありません。

私がメキシコに来たあの頃、熊谷さんもNYに拠点を移し、いつかNYで体感したい!と思っていたのにメキシコは休みが少ない、と言い訳をして行動してきませんでした。(日本では一時帰国を公演に合わせて何回も行っています)そんな中で友人の偉業に背中を押された次第。友人の言葉"押せる時に押しとけ!"

【1日目】前乗りついでにコンテンポラリーダンス公演へ

14:00 NY到着

メキシコシティからは直行5時間弱。フライトもそこまで高くないので到着時は"もっと頻繁に来れるじゃん"と思ったのですが、地獄の入国審査1時間待ち…そうだ過去2回もこれに霹靂したんだと思い出しました。ようやく地獄を抜けた後にもまだまだ私にとっては難関。英語を話さないし、NYの本当の治安を知らない私の最大の心配はホテルまでの道程。本当にメキシコのSIMで携帯が通じるのだろうか、クレジットカードの不具合でひもじい思いをしないだろうか…などなど海外一人旅10年ぶりのアラフォーにはワクワクより心配ごと多数。全て取り越し苦労でした、とは言えませんでしたが8割方大丈夫でした!

17:00 コンテンポラリーダンスを観にNYのお隣ニュージャージー州ニューアーク

観光地ではなく住民しかいませんでした。ホテルチェックインをしてから公演まで時間があったのでスーパーへ行ったりローカルのハーレル料理を食べたり。メキシコの日常とは違うアメリカの誰かの日常を体感して楽しかったです。

肝心のAlvin Ailey American Dance Theaterのダンスは!上質そのもの。やっぱりNYはアートの街です。好みのスタイルではなくてもホンモノに触れた悦び、噛み締めました。

【2日目】TAPは夜なのでそれまでマンハッタンでNYアートを愉しむ!

11:00 ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

フランク・ロイド・ライトの建築を見たくて。展示入替中で有名なスポットは観れませんでしたが、建築もモネやゴーギャンを16ドルで観れたから満足。


12:30 花屋巡り

母の日当日。メキシコにはないパステルカラーの花もあり、バリエーションに富んでいました。でもブーケにまとめるのは日本や韓国の方が美しいかも?なんて生意気に思ったり。

14:00 Grand Central駅周辺

美しくてハッとしました。そんな美しさの中にあるAppleでIPods を購入。ニューヨーカー皆さんiPods!更に紅茶スパイス屋さんを発見。メキシコでは出会えないダージリンを購入。近くには無印良品の店舗があり、テンションが上がりました!今回は預かり荷物なし・リュックひとつで行ったためほぼお買い物はせず。アメリカの方が日本食材などが安いこと、すっかり抜けていました。

ちなみに金額はメキシコとほぼ同じ

15:00 夫が好きなBabkaはNYが人気発祥

お土産に。お店がある公園ではマルシェで賑わい中。日曜日のNYの雰囲気にもし住んだら…みたいな妄想が膨らみます。

Babkaの味の深さに本物を感じた!

17:00 何が何でも絶対に小籠包が食べたい・上海21

NYでは今小籠包ブームでついに鼎泰豊 がオープンしたというニュースを聞いて、ニューヨーク飯は小籠包一択。メキシコシティにはスープ入りの小籠包がありません。チャイナタウンではしごする予定でしたが、もう一軒行こうとしていたNoodle Villageは長めの列が出来ていたため、ここ上海21で2オーダー。たっぷりの美味しいスープ…最高の湯気体験。幸幸幸!もう1オーダーいけましたね。

19:00 熊谷和徳Tap

小さな箱で1メートルもない至近距離で久しぶりに熊谷さんの足捌きを見ました。通い詰めた渋谷のクラブ以来…あの時の私は1ミリたりとも熊谷さんの世界を見逃したくなくてクラブなんてキャラでもないのによく頑張っていました。あの時の健気な自分も思い起こされておセンチになりながら体感する熊谷さんの音、最高という言葉しかありません。観客の中に日本を代表するJAZZアーティストの方々もいたし、一緒に踊るTAPダンサーのレベルが高いこと!NYらしい夜を過ごしました。行って本当に良かった!そして必ずや熊谷さんをメキシコに招聘します。私の新しいプロジェクトです!

21:30 TAP終了後、電車を乗り継いで空港へ

ある乗り換え駅で切符をどこで買ったらよいのか分からなく、ありったけの英語で駅員に聞いたら怒鳴られたりして最後に嫌な思いも。でもこの旅でいつも私を快く助けてくれたのはスペイン語圏からの移住者の方々。アジア人がスペイン語で助けを求めると笑顔で優しく教えてくれました。誰一人失礼な態度をせず親切そのもの。NYにいながらスペイン語を選んだ自分が誇らしくなりました。Muchas Gracias a Todas!

深夜2時便で月曜日の朝着、シャワーを浴びてオフィスへ行く予定でしたが…まさかの7時間の遅延。JFKで美しい朝日を見ました。空港閉じ込められ仲間のメキシコ人たちとインスタの交換をしたり、10年ぶりのひとり旅は人の優しさを感じられたひとときでした。

友人の言葉をリレーしたいと思います。"推せる時に推しとけ!"

nicovida.hatenablog.com

メキシコシティオススメのJazzBar/CocktailBar

夫との出会いはメキシコシティのセントロにある"ZINCO JAZZ"というJAZZ Clubでした。メキシコ上陸時の最大の趣味はJAZZで、スペイン語の先生に教えてもらい向かったのがそのバーでした。日本での職場はBluenoteに近く、仕事が早く終わり予定がない日はよく通っていました。客席が一体化して集中して音楽を楽しんでいる空間が大好きでした。

メキシコのJAZZBAR はお客さんが賑やか

どんな風に音楽を聴きたいのか、は人それぞれ。私は上記のように集中してJAZZの音を楽しみたいタイプなのですが、メキシコは観客がずっとおしゃべりをしています。もちろんBARなのでそれもひとつの在り方として正解です。でも私のスタイルとは違く、色々なJAZZ BARに赴きましたがしっくり来ませんでした。

ZINCO JAZZはその中でも比較的音楽に重きがありますが、なんとスタートが23時。22時以降は眠気が襲ってくる私には残念ながら通える場所にはなりませんでした。そこで私がよく行くのがコヨアカンにあるEl CantoralのNY JAZZ。でもこちらはシンプルで真面目過ぎます。JAZZを聴くには天井が高く私の理想とする音響にも足りません。音響としてはAuditorioのLunarioが好きでしたがJAZZ専用ではありませんので、上原ひろみライブ以降赴いておらず。

そんなこんなでヨーロッパジャズにハマってからJAZZ BARを探すこともなくなってしまいました。そんな四十路、友人が素敵なJAZZ BARに連れていってくれました。

JAZZATLÁN CAPITAL

ROMA NORTEにあり、入口は小さくても中は広々。2つの小さなミュージックスペースがあり、ライブが行われています。その日は特にJAZZを聴くというよりも2軒目でカクテル飲みたいね、とやってきました。入口を進むとすぐにJAZZライブをしており、その前を通過して2階へ。2階はカクテルバーと奥にライブスペース。このカクテルバーがオシャレで居心地が良くて気に入ってしまいました!JAZZの音をバックミュージックに友人と普通の声で会話が楽しめる!ライティングも丁度良く。インスタグラムでJAZZライブの予定が発表されており、ミュージックチャージの金額はアーティストによって違います。2階のカクテルバーのみであればミュージックチャージは要りません。全てが程良くて、翌週も違う友人と再訪。私のソロ活場所ラインナップにも仲間入りです。カクテルも美味しいし、友人との2軒目に最高。大オススメです。

https://www.instagram.com/p/C6UOTs2uRn3/?igsh=MTNhZjR3ajM2a3I4cw==

久しぶりに洋服を調達した話

1年で一番忙しい時期が終わりつつあります。昔は毎日違う現場へ行き違う人と出会うのが楽しかったけれど、今はルーティンな毎日もお気に入りです。忙しくていつものルーティンが崩れるストレスも感じたり。そして案の定ストレスが買い物衝動を駆り立てました。ただ買い物をした報告です。

円安になる前からそもそも何でもメキシコより日本の方が安く、メキシコで買い物をすることは少なめ。洋服もメキシコ人はその人それぞれの体感に合わせて洋服を着るので、夏にダウンやロングブーツを着用している人、冬にノースリーブやサンダルを着用している人もいるけれど気にもしないし違和感は感じません。そのため日本のように四季ごとにファッションを変える必要もなければ、トレンドを常に追い続けなくてはいけないプレッシャーもゼロです。オシャレでいたいけれども、治安を鑑みてヒールなしが基本だし硬水洗濯で洋服が長持ちしないので高い洋服を買うこともあまりありません。日本の一時帰国で買い溜めし、メキシコならZARAトロール。よく友人たちに「週末何しているの?」と聞かれますが、買い物目的に街歩きをすることはほぼ皆無です。

忙しさの中でストレスが溜まると"頑張った分自分を甘やかしたい!買い物したい!"という気持ちがむくむくと育っていきました。忙しかった1ヶ月半、今年はメキシコシティが最高気温35度に近付き(メキシコシティは元来そんな熱血じゃないのよ!)今までの夏服より涼しい洋服が必要になったことも大きな要因。

と言いながら最初に購入したのは厚めのワンピース。メキシコデザイナーブランドの洋服でJuarez地区のお店で買いました。初見からどストライクで着用したら余計に!金額は可愛くなかったですが、こんなことは滅多にないので悩みながら購入。Juarezはメキシコドメスティックブランドデザイナーのお店があるファッション地区。なかなかの金額スタートですがオリジナルデザインと出会えます。ファッション好きな方にオススメ。

舞台ライトのような試着室。

その他購入した洋服たちは昔はセニョーラ感を感じていたZARAのひとつ上のブランド『Massimo Dutti』で。気が付いたら似合うようになっていました笑。シンプルなのに品があって、ZARAよりも出番が増えそうです。日本未上陸のブランドですが、人気が出そうなブランドです。普段はそんな買い物欲を意識しながらメキシコ暮らしをしておりませんが、新しい洋服を購入してオシャレをアップデートする感覚はやはりいいですね。

https://www.massimodutti.com/mx/

そして一人旅も予約しました。久しぶり過ぎて今から震えています(いい意味)。新しい洋服を着て人生を愉しもう♪

最近えみちゃんYouTubeでだし巻き卵は焼き目を付けないことを初めて知りました!思い返せば外で食べるだし巻きはいつも美しい黄色でした。

メキシコでのヘアケア事情

日本との一番の違いは水。硬質のため髪を洗うとごわごわ。多くの抜け毛が排水口へ流れていく様子を悲しい気持ちで眺めてしまう経験、きっとみなさまお持ちだと思います。むしろ軟水の国の方が少ないので海外在住あるあるかと!メキシコ10年目の悩める乙女を超えアラフォーが辿り着いたヘアケア商品を紹介します。

本当に思います。もうこの年齢は何でもかんでも安いものでは誤魔化しが効きません。プチプラの洋服、プチプラコスメ…安いものでどうにかなっていたのは34歳くらいまでだったように思います。髪の毛もそう、おばちゃん感を出さないためにもケアが必須です。

メキシコは硬水に加え大気汚染に強い紫外線、髪に与えるダメージは大きい。最近は売っていないのですが長年フランスの薬用メーカー(200ペソ前後)のものを使っていました。硬水の国のプロダクトがいいだろうと安易に思って使っていましたが、そこまで正解ではなかったような。毎日使うものなのであんまり高いものを使いたくなかったのですが、先程の変化の通りそれなりの商品が必要だと思い、美容室で使用されているものを手に取るように。

メキシコのヘアケア価格

現在のレギュラー軍

シャンプーはMoroccan Oil(イスラエルメーカー)、金額は580ペソ(本日レート5,171円)。コンディショナーはついに手を出してしまったOLAPLEX(LAメーカー)、金額715ペソ(本日レート6,375円)。通っている美容室で使用していて事前に自分の髪に合うのが分かっているからこそ出せる金額。金額は可愛くないですが、1回分2ペソくらいの大きさでセミロングの私には充分。そのため5か月くらい持ちます。費用対効果を考えるとむしろ安いのでは!

左のシャンプー&コンディショナーはジム用で日本製品。Grebisという会社がメキシコで販売中。最近販売を始めたので金額はひとつ200ペソ(本日レート1,783円)。偶然あじさいの商品を手に取ったのですが、香りが凄くいい。アロマはなんと52種類の取り扱いがあるそう。シャンプーは金額同等の質ですがコンディショナーはお値段以上の仕上がり。商品成分は全く詳しくないので、100%使用感からの感想です。もし商品にご興味がある方がいらしたら、WhatsApp:55-4996-1175まで!日本語対応可。他の多種なヘアケア商品に加えなんと日本のスキンケア商品の扱いもあるそう!

今の課題がドライヤー

ドライヤーも大事。分かってはいるけれども、さすがに変圧器が必要だろうとメキシコで購入したものを使っています。先日メキシコ在住日本人の方々に海外で使えるドライヤーに関して情報を教えてもらったので必ずや一時帰国で持って帰ってきたいと思っています。その日が来るまでどう対応しようか…と我が美容師Olivierに相談したら、ドライヤーの前に熱対応のヒートプロテクトオイルが大事だと。そこで一番右のKms(ドイツメーカー)を購入、金額700ペソ(本日レート6,241円)。こちらも少量で充分なので、1年くらい持ちそうです。

若白髪への課題と解決策

私は20代後半から若白髪。日本ではずっと茶色に染めていましたが、メキシコ美容室で染めるのは高い!ということで基本地毛で生きてきましたが、4年くらい前からさすがに白髪で損している気がしてきたので黒色に染めています。メキシコ美容室では1,100ペソ(本日レート9,807円)。白髪がない人が羨ましいのなんの。貧乏くじの出費だなと思い続けていたところ、メキシコ人友達からヘナ染めを教えられました。メキシコで売っているヘナのはナチュラル(赤毛になっちゃう)のみで色付がなく…初めて染めた時赤くなってしまいました。それでも白のままよりいいかなと思っていたところ、最近AmazonMexicoでついに見つけました!黒髪はIndigoです、金額356ペソ(本日レート3,174円)。ヘナ特有の匂いも薄く、きちんと染まってお気に入り!50回くらい使えそうでお得過ぎる~!

美は一日にして成らず。何でも毎日の少しのケアが未来の自分の笑顔を作る…投資して面倒くさがらず続けていきたいものです。

nicovida.hatenablog.com