Milと0

ダンディな人を求めて30歳で日本を旅立ち、ジョージクルーニー夫と出会いメキシコに落ち着く。メキシコ生活8年目。

メキシコの髪型表現

そろそろ髪を切る予定で、どんな髪型にしようかと思案中。すると夫から一言。

「Prohibido hacerte Libro」(本にするのは禁止ね)

ここでメキシコの髪型表現を紹介。

LIBRO(本)とは?

f:id:nico__vida:20220118072743j:plain

簡単に言うとセンター分け。好きな女優は深津絵里さん一筋の私は社会人になってからずっとこのLIBRO。賢そうにも上品にも見えると思って15年。たまに73分にもしていましたが、センター分けが一番似合うと思っていました。でも確かにメキシコはセンター分け女子率低し。

Chongoとは?

f:id:nico__vida:20220118072814j:plain

お団子。ちなみにチリではHijotomate・トマトと言われていました。

Copete・Flecoとは?

f:id:nico__vida:20220118072845j:plain前髪。

Chinoとは?

f:id:nico__vida:20220118072950j:plainカール。

nicovida.hatenablog.com

メキシコでは人気がないのか、ショートカットの友達や同僚には出会ったことがありません。日本の流行はメキシコまでは到着しないことが多いです。

美容院インスタのBeforeAfter動画を見ると、ついつい切りたくなるショートカット。髪型ひとつで印象がガラリと変わります。プロの美容師さんって、一瞬にしてその人の可愛さを理解出来るプロです。人様の粗探しをするのではなく、長所を引き出す仕事で素敵です。

今は特に冒険心が湧いて来ないので、変わらず前髪なしのボブにします。今までは左分けが似合わない顔だったのに、年齢を重ねてくっきり二重になってから左分けも適用。不思議。そのうち私もショートカットが似合うようになるかもしれません🤗

えのき一袋870円で震えた週末の始まり

すき焼きをすべく、日本食材店へ。いつものように“ENOKI“を購入。

家に帰ってきていつもの如く家計簿アプリに登録をするためにレシートをチェック…

ENOKI 155ペソ😳😳😳😳😳

f:id:nico__vida:20220116094355j:plain

う、う、嘘だーーーー嘘であってくれ!そう願いながら、一応日本食材店へ間違っていないかをワッツアップで聞いてみることに…。

数ヶ月前にアメリカのえのきに問題があり、別メーカーを入荷されたそう。確かに初めて見るメーカーでした。今までは高くても40ペソ(本日レート225円)だったので、まさかそんな高いとは思わずカートにポン。きちんと値段をチェックしなかった自分のせい100%。

すき焼き用のお肉よりも高いえのき…海外生活だとそんなこともある…ドンマイ!

明日は美味しくすき焼きを食べよう♩

f:id:nico__vida:20200909021051j:plain

イメージです。

nicovida.hatenablog.com

オシャレな八百屋発見!

こんなところにオシャレな八百屋さんが😳

f:id:nico__vida:20220115041120j:plain

f:id:nico__vida:20220115041227j:plain

f:id:nico__vida:20220115041323j:plain

f:id:nico__vida:20220115041351j:plain

f:id:nico__vida:20220115041409j:plain

石好きにはこの石たまりません。

普通の市場の中に突如現れたオシャレ八百屋。こういったオシャレさはメキシコの市場にはなかなかありません。そもそも"八百屋をオシャレにする"という発想自体もありません。そのため目立ちますし、グッドアイデア👌

しかもオシャレ八百屋で購入すると、気分が良いです。ミュージカル俳優さながらスキップしたくなる気分です。ヨーロッパであれば、毎日そんな気持ちなれそうです。

次回こちらの乾麺を買う予定。

f:id:nico__vida:20220115045145j:plain

場所は以前紹介したこちらの花市場・ハマイカ市場内にあります。

nicovida.hatenablog.com

最近メキシコでもインスタ受けの場所が人気です。いや世界どこ行ってもですかね。

明らかなインスタ用スポットも大人気。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Majo Montemayor (@majomontemayor)

www.instagram.com

観光インスタスポット紹介のインスタグラム。これ見てると、メキシコを旅したくなります。メキシコの色使いは本当に可愛くて独特。太陽と空、更にこのカラフル、沢山パワーをもらいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Viajeras x México (@viajeras.x.mex)

www.instagram.com

こんだけ美しい街並みがあるのだから、上記のようなインスタ映えスポットに行かなくてもいいと思う派。あとアラフォーにはちょっぴり勇気が必要😅

さてさて2022年の最初の旅、どちらへ行こうかしら。

8年ぶりにタコスの定番パストール・Pastorを食べる

初めてメキシコに旅行で来た時に人生で初めて食べたタコスがPastorでした。本場のタコスの美味しさに驚き、メキシコ料理に惚れたきっかけの食べ物。

Pastor・パストールとは

f:id:nico__vida:20220110105833j:plain

アチョーテ(ベニノキ科の食用色素)・赤唐辛子・にんにくなどお店オリジナルの汁に漬けた豚肉を串に一枚ずつ刺して写真のように積み重ねます。そしてポイントは上に刺してあるパイナップル。

f:id:nico__vida:20220110104323j:plain

f:id:nico__vida:20220110135254j:plain

注文が入るごとにケバブのように強い火力のバーナーで焼きます。そして長い包丁でタコスひとつ分ずつを肉の塊から切り落とし、小さいサイズのトルティーヤ(パストールは必ず小さいサイズ!)へダイブ!上のパイナップルも少し切り落とし、肉の上へダイブ!その上に刻んだ玉ねぎとパクチーを乗せ、お店自慢のサルサを垂らし、お好みでライムを絞ったらお口へGO!

レバノン人が20世紀にメキシコにやってきたことで広がったパストールケバブからヒントを得ていることが今回判明して大納得。メキシコ全土で愛されるタコス。

今回行ったお店はEl Rey del Taco

f:id:nico__vida:20220110135537j:plain

f:id:nico__vida:20220111071851j:plain


メキシコに長年住んでいた友達からのオススメ。何年も前に教えてくれたので、ようやく行けました!

口コミが2000以上あるので、やはり名店の証拠。久しぶりに食べたPastor…こんなに美味しかったっけ??と驚きました。ひとつ17ペソ(本日レート96円)。

Netflix『タコスのすべて』でも色々なタコスが紹介されていますが、豚肉、牛肉、部位、焼き、煮込み、魚、おかずなど食材と調理方法によって沢山の種類のタコスがあります。そのためメキシコに移住してから外タコをする時は肉肉しいBirria(ヤギや牛肉の煮込み)か魚天ぷらのタコス。タコスの中でもパストールはこざっぱりしているのでついつい後回し。しかし久しぶりに食べたら美味しい〜!(2回目の報告)小さくてパクパク食べられるのもいいところです。

メキシコシティのタコスと言えば、牛肉のお腹と脚の間にあるお肉の煮込みのスアデロ・Suadero。ということでこちらもひとつ食べました。こちらのはちょっと私の好みではなかったです。

f:id:nico__vida:20220110135610j:plain

タコスを語るのは日本でラーメンを語るのと同じ。好みは人それぞれ。各々がお得意のタコス屋を持っています。メキシコ人で集まるとタコス屋の話にならないことはありません。タコスの種類も肉の取り扱い方も好み。そしてタコスの相棒・サルサの味も大事。

nicovida.hatenablog.com

nicovida.hatenablog.com

nicovida.hatenablog.com

nicovida.hatenablog.com

皆さんはどのタコスが好きですか?

メキシコの花市場・ハマイカ -MercadoJamaica-

メキシコの花は大胆で野生的!日本のようなお淑やかに咲く花はあまり見かけません。

花屋で売っている花はなぜかいつも同じなので、歩いて1時間くらいの面白い花屋のおばあちゃんのところで買っています。しかし実際にはどんな花がメキシコの花市場で取引されているのか知りたくて、花市場へ行ってきました。

f:id:nico__vida:20210504030510j:plain

よくある街の花屋


メキシコシティ最大の花市場・ハマイカ

治安がいい場所ではないので、日本人だけで行くことはお勧めしません。メトロ・Jamaica駅すぐ。駐車場はありますが、いつも満車。

花店がずっと続き、1店ずつ見ると2時間程度掛かるほど大きいです。その他花そのものだけでなくフラワーアレンジメントや、食事、食材のお店もあります。

メキシコの花はやはり大胆!

どのお店も似たような花が並んでいます。花自体の種類は明らかに日本より少ないです。日本では綺麗に育てられた花が並びますが、メキシコの花はそのまま。野生的に育てられた印象があります。

花の金額はとても安いです。束での卸販売のため、個人で購入をするとなると選べる花は限られています。先日謎の棘花と桃を購入しましたが、写真の2倍の量で合計600円。

f:id:nico__vida:20220110040042j:plain

カラフルな花は色付けしたもの。これだけ並んでいると鮮やかでメキシコっぽさも感じます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ☕︎Maja🌮 (@nico__vida)

メキシコの街の花屋さんで売られているのはこういう花たち。バラやマリーゴールドカサブランカなどが人気。

f:id:nico__vida:20220110032857j:plain

f:id:nico__vida:20220110032911j:plainオシャレフラワーアレンジメントに使われている大胆な花たちにも出会えます。

f:id:nico__vida:20220110032951j:plain

f:id:nico__vida:20220110033007j:plain

独学でフラワーアレンジメントを学び中の私。日本や韓国のYoutubeなどを見て、こんなアレンジメントを作りたい!と思ってもアジアのような繊細な花には出会えません。

メキシコの花は本当に難しいです!花の扱いも難しく…メキシコでフラワーアレンジメントのベースを学ぶべきではないかと迷い中🤔

f:id:nico__vida:20220110033842j:plain

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ☕︎Maja🌮 (@nico__vida)