Milと0

ダンディな人を求めて30歳で日本を旅立ち、ジョージクルーニー夫と出会いメキシコに落ち着く。メキシコ生活8年目。

OVER THE SUNの凄さ、友達がいないと嘆く海外在住者に聞いて欲しい

日本で友達に勧められたPODCAST“OVER THE SUN“

ジェーン・スーという名はメキシコに居ても知ってはいたのだけれども、この手のコラムニストは私のような天邪鬼とは気が合わないと鷹を括っていた。しかし勧めてきてくれた友達は私の友達の中でも多くの感性を共感してきた希少な友達である。

日本の電車の中で早速聞いてみると、すっかりと聞き入っていた。共感の嵐が私の携帯から流れ漏れていたのである。これは…なんて社会的なPOD CASTなのだろうか…!

言葉のプロ2人がMC

f:id:nico__vida:20211224033945j:plain

コラムニストのジェーン・スー氏とTBSアナウンサー堀井美香氏がMC。TBSと言えば、我大好きな安住氏が働く言葉の鬼の会社である。堀井氏は安住さんの先輩でもある。何度か隣の席の先輩が変だという話を日天でしていた。その先輩が堀井さんであることは聞くとすぐに繋がる。

言葉のプロ2人が紡ぐ番組の面白さは、言葉の引き出し方が上手なだけではなく、まず第一に彼女たちの感性が素晴らしい。そしてその感性を視聴者に投げる共感の言葉選びが恐しく素晴らしいのである。プロなのに親近感が広がるのがこの番組の最大の醍醐味。

おばさんが太陽を越えて行く、OVER THE SUN。年を重ねることで生じる不具合に立ち向かう姿は私たちおばさんの有志的存在。負けへんでぇ、踏ん張っていこう、そして決して仲間を離していかない優しさがある。かつてこんなラジオがあっただろうか?

あなたはどっち?

彼女たちの会話で「SEX&THE CITY」が良く出てくる。どの男が一番いい男か、自分は4人の中でなら一番〇〇に似ている…などと、私もかつて友達としてきた会話が流れてきて懐かしさと新たな発見がある。そしてもはやOVER THE SUNファン同志では「あなたは堀井さん派?ジェーン・スー派?」などという会話が為される。キャリーに憧れて気がついたらおばさんになっていた私たちにとって現代の日本版SEX&THE CITYとも言えるのではなかろうか。

私はどっちかと言えばジェーン・スーのようであるが、なりたいのは堀井さん。ジェーン・スーは言葉のプロで面白く素晴らしい人ではあるけれども、ストーリーテラーのような存在。堀井さんは普通の皮を被ったぶっ飛んだ人である。いきなり投げ込む感性が凄い。それでも優しさと常識を兼ね備えていて、憧れずにはいられない。

一番素敵だなと思っていること

この2人の会話のリズムがお互いを邪魔しないことに畏敬の念の気持ちで聞いている。女2人、1人が面白いことを言い始めるとちょっと茶化したり、もっと面白いことを載せてやろうとか批判じみたりすることがある。しかしこの2人にはそれがなく、ずっと聞いていられる。女の意地悪が全く見えない。

コロナで余計におひとりさま万歳化が進み、“ひとりで完結することもそれもまた人生“と若干押し付けられている今の世の中で、どれだけこの番組に惹かれて救われている人がいるか。女だって、男だって、若かろうが老いていようが、共感出来ることは幸である。

POD CASTのおかげで世界のどこからでも聞くことが出来る。聞けばちょっと元気になれる、ちょっと自己肯定感を上げてくれるので是非聞いてみて欲しい。

open.spotify.com

今週はクリスマスパーティ(ホームパーティ)続き。踊ったりはしないけれども…そんな日も近い予感。