メキシコで矯正🦷

“芸能人は歯が命“は日本、“誰でも歯が命“はアメリカの下メキシコでも適用。

そんなに歯並びが悪いわけではありませんでしたが、日本ではモデルマネージャーゆえ人の歯には普通の日本人より注目していました。メキシコに来てから、矯正が破格という話を聞いて自身も矯正をしました。

メキシコの歯医者の質

日本でいくつか通っていた歯医者よりいいメキシコ人の歯医者に出会えました。もちろん日本同様沢山あるので当たり外れは必ずあります。

日本語を話す日系の歯医者もいますが、メキシコ人歯医者は英語を話すのでスペイン語を話せない人でも安心です。顧客サービスという概念が低いメキシコでもアメリカ歯文化に近いので、これに至っては大安心。

金額

スタート矯正:MXN$6,000、各月の検査:MXN$600(私の場合は歯並びはそこまで悪くなく、歯を抜いたりしなかったので8ヶ月。)

合計 MXN$10,800(本日レート55,335円)

方法

f:id:nico__vida:20201119020916j:plain
上記の金額は一番ベーシックで安くて早いメタルブラケット。目立ちますが、メキシコでは沢山の大人がこの方法で矯正をしているので恥ずかしさは無し。

セラミックブラケットで矯正した友達は5倍くらいの金額になっていました。(先生も日系のため通常より高価)

裏側矯正もありますが時間が掛かるので、メキシコでは勧められませんでした。

メキシコでは“歯並びが教育レベル“として見られることもあり、矯正文化が行き届いています。

日本では80万円〜100万円も掛かると言われている矯正。それには大きな理由と決断する勇気が必要です。でもメキシコでなら京都旅行1回分で矯正が出来ます。文化の違いを感じる価格設定です。

さてさて次はインプラントデビューです。果たして技術の質やいかに…!